• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 2020年までに人類が生み出す全データ量は40Zバイト、IDC社が従来予測を上方修正

2020年までに人類が生み出す全データ量は40Zバイト、IDC社が従来予測を上方修正

  • 木村 雅秀=日経エレクトロニクス
  • 2013/01/24 21:57
  • 1/1ページ
 EMCジャパンは2013年1月24日、米IDC社と共同で実施しているビッグデータに関する調査結果について東京都内で記者説明会を開催した。2012年の調査結果によると、2020年までに人類が生み出すデータ量は40Z(ゼタ、1021)バイトと、以前の調査結果(35Zバイト)を上回る見通しとする。
【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓