• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 産総研とユニチカ、耐薬品性と機械的強度に優れるナノコンポジット多孔体の製造技術を開発

産総研とユニチカ、耐薬品性と機械的強度に優れるナノコンポジット多孔体の製造技術を開発

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2013/01/21 17:46
  • 1/1ページ
 産業技術総合研究所(産総研)とユニチカは、共同でポリイミドとシリカから成る柔らかくかつ耐熱性の高いナノコンポジット多孔体の製造技術を開発した。ポリイミドの原料となる前駆体(ポリアミック酸)と、シリカの原料となるシリコンアルコキシドの混合物の溶液に、二酸化炭素(CO2)を高圧で溶解させた後、減圧することにより、数十nmの微細孔を持つ空隙率の高いナノコンポジット多孔体を製造できる。
【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所



自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓