• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 産総研とユニチカ、耐薬品性と機械的強度に優れるナノコンポジット多孔体の製造技術を開発

産総研とユニチカ、耐薬品性と機械的強度に優れるナノコンポジット多孔体の製造技術を開発

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2013/01/21 17:46
  • 1/1ページ
 産業技術総合研究所(産総研)とユニチカは、共同でポリイミドとシリカから成る柔らかくかつ耐熱性の高いナノコンポジット多孔体の製造技術を開発した。ポリイミドの原料となる前駆体(ポリアミック酸)と、シリカの原料となるシリコンアルコキシドの混合物の溶液に、二酸化炭素(CO2)を高圧で溶解させた後、減圧することにより、数十nmの微細孔を持つ空隙率の高いナノコンポジット多孔体を製造できる。
【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ