• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 富士通、新サーバー機に独自開発の自律型循環液冷システムを搭載

富士通、新サーバー機に独自開発の自律型循環液冷システムを搭載

  • 大石 基之=日経ものづくり
  • 2013/01/18 20:00
  • 1/1ページ
 富士通は、新開発のUNIXサーバー機「SPARC M10」の提供を開始すると発表した。ビッグデータ時代の高速リアルタイム処理を実現するために、高性能化のための新たなハードウエア技術を盛り込んでいる。最も目を引くのは、独自開発した自律型循環液冷(liquid Loop Cooling:LLC)技術である。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ