EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

LSI設計者のスキル向上に、コミュニケーション生む試験

三宅 常之=Tech-On!
2013/01/17 12:30
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

「LSI設計者のスキル向上を目指して導入した資格試験が、思わぬ効果をもたらしている」。このように驚くのは、シキノハイテックの福田憲司氏(デバイス事業本部第二技術部部長)だ。同社は、JPEGによる画像圧縮処理IPコアの最大手で、東京と大阪に合わせて約70名のデジタル技術者を抱える。JPEGの新規格への対応や画像処理システム向けLSI設計を続けている。2012年にはシンガポールに新会社を設立して国際展開を図っている。大阪を中心に技術者を率い、シンガポール法人の役員を務める福田氏に人材育成術について聞いた。

LSI設計の資格試験を技術者のスキルアップに活用していると聞きました。

 当社で作成した問題で試験を実施するなどして、技術者のスキルを向上させる試みを続けてきました。その後、試験サービスがあることを知り、2011年7月から現在の制度(「ESA」)を導入しています。目的は、設計品質の向上です。従来、管理者が、技術者のキャリアアップのために面談を実施するなどして指導していました。各技術者のキャリアプランを指導していくには、現状(のスキルレベルの)認識が欠かせません。その意味で資格試験制度は活用しています。各技術者の具体的な目標が立てやすくなりました。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング