• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東芝、1/2.3型で2000万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーを発売

東芝、1/2.3型で2000万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーを発売

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2012/12/26 13:00
  • 1/1ページ
東芝は、1/2.3型の撮影素子寸法で2000万画素のBSI(裏面照射)型CMOSイメージセンサ「TCM5115CL」を開発し、2013年夏から量産を開始する。主にコンパクト・デジタル・カメラに向ける。

おすすめ