• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ams、バッテリの電圧と電流を同時に監視する用途に向けた車載向けモジュールを発売

ams、バッテリの電圧と電流を同時に監視する用途に向けた車載向けモジュールを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/12/13 12:49
  • 1/1ページ
 オーストリアams社は、バッテリの電圧と電流を同時に監視する用途に向けた車載向けモジュール「AS8515」を発売した。2チップ構成である。一つは、二つのΔΣ(デルタ・シグマ)型16ビットA-D変換器を集積した信号処理チップ。もう一つは、+12Vのバッテリ電圧から、モジュール内で使用する電源電圧を生成するLDOレギュレータを集積した高耐圧CMOSチップである。この二つのチップを積み重ね、実装面積が5mm×5mmの32端子MLFパッケージに封止した。最大+18V出力のバッテリ・パックに対応する。Pb(鉛)蓄電池でも、Liイオン2次電池でも対応可能だ。+42Vの過電圧に耐えられる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓