• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 三菱重工、火力発電向けJ形タービンは世界最高効率とアピール---米GE-東芝に対抗

三菱重工、火力発電向けJ形タービンは世界最高効率とアピール---米GE-東芝に対抗

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2012/12/07 19:38
  • 1/1ページ
 三菱重工業は2012年12月7日、同社の最新型ガスタービン「M501J形」の長期実証実験において、起動回数100回、運転時間8000時間を突破したと発表した。同社は、その中でM501J形が「世界最高効率」(同社)とアピールした。さらに、同タービンを組み込んだガスタービン・コンバインド・サイクル(GTCC)発電システムについて、「同発電システムを効率で上回る火力発電システムはないと認識している」(同社)と説明している。
【技術者塾】(5/19開催)
クルマの軽量化の切り札 CFRPを使いこなす

材料物性から成形、設計、製品事例までを徹底理解


トヨタ自動車の「レクサスLFA」のCFRP製ボディーを開発した講師が、自動車メーカーの開発の考え方や、CFRPの材料物性や成形法、クルマへの適用事例などについて解説。CFRP製品の設計や生産技術の開発に必須の知識を1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月19日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経ものづくり

おすすめ