• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 三菱重工、火力発電向けJ形タービンは世界最高効率とアピール---米GE-東芝に対抗

三菱重工、火力発電向けJ形タービンは世界最高効率とアピール---米GE-東芝に対抗

  • 高田 憲一=日経ものづくり
  • 2012/12/07 19:38
  • 1/1ページ
 三菱重工業は2012年12月7日、同社の最新型ガスタービン「M501J形」の長期実証実験において、起動回数100回、運転時間8000時間を突破したと発表した。同社は、その中でM501J形が「世界最高効率」(同社)とアピールした。さらに、同タービンを組み込んだガスタービン・コンバインド・サイクル(GTCC)発電システムについて、「同発電システムを効率で上回る火力発電システムはないと認識している」(同社)と説明している。
【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓