機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

三菱重工、福島第一原発内の汚染調査など向けた遠隔操作の双腕ロボットを開発

高田 憲一=日経ものづくり
2012/12/06 20:29
印刷用ページ
 三菱重工業は、人が近づけない災害や事故の現場を遠隔操作で移動させ、2本のアームを使って複雑な作業をするロボット「MHI-MEISTeR(マイスター、Maintenance Equipment Integrated System of Telecontrol Robot)」を公開した(図1)。福島第一原子力発電所の建屋内のコンクリート壁などの汚染状況の調査などに使うことを想定している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング