• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > ルネサス マイクロシステム、Cadenceの論理合成を導入してASICのチップ面積を8.4%削減

ルネサス マイクロシステム、Cadenceの論理合成を導入してASICのチップ面積を8.4%削減

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/12/03 21:35
  • 1/1ページ
米Cadence Design Systems社は、ルネサス マイクロシステム(本社:神奈川県横浜市)が、Cadenceの論理合成ツール「Encounter RTL Compiler」を採用したと発表した。同ツールをASIC設計に適用したところ、配線収容性が改善されチップ面積が8.4%削減し、さらに設計期間の短縮とコスト削減を図れたという。

ここからは無料登録で読めます

  • ・日経テクノロジーオンラインに会員登録いただくと、記事閲覧に加えて記事ランキングなどを含むメールマガジンをお届けします
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓