• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > アジレント、設定分解能が6.5ケタと高い直流電源を発売、出力雑音は10μVrms

アジレント、設定分解能が6.5ケタと高い直流電源を発売、出力雑音は10μVrms

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/11/27 19:46
  • 1/1ページ
 アジレント・テクノロジーは、設定分解能が6.5ケタと高い直流電源「B2961A/B2962A」を発売した。B2961 Aは1チャネル機、B2962Aは2チャネル機である。「ベンチトップ型の直流電源では、最も設定分解能が高い」(同社 半導体パラメトリックテスト事業部 マーケティング部 プレシジョンIVビジネス シニア・プロダクト・プランナの里方昭彦氏)という。さらに、オプションの外付けフィルタを搭載すれば、出力雑音を10μVrmsに抑えるられる。「同様の直流電源の中でも最も出力雑音が低い。競合他社品はせいぜい100μ~1mVrmsである」(同社)。A-D/D-A変換器やオペアンプといったアナログICの特性評価や、電圧制御型発振器(VCO)や水晶発振器の位相雑音評価、センサーやトランスデューサのバイアス電圧/電流源、2次電池や太陽電池などの直流特性評価などに向ける。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓