日経Automotive

日産自動車、「リーフ」の駆動モータ用のレゾルバを多摩川精機製からミネベア製に変更

浜田 基彦=日経Automotive Technology
2012/11/21 18:18
印刷用ページ
 
 日産自動車は、EV(電気自動車)「リーフ」の部分改良を機に、駆動モータ用のVR型レゾルバを多摩川精機製からミネベア製に変更した。ミネベアはこのために様々な磁場解析技術を駆使してシミュレーションをし、レゾルバ巻き線の仕様と、ロータとステータの形状を決めることで、モータの特性を向上できるレゾルバを実現した。現在、EV、HEV(ハイブリッド車)では多摩川精機が極めて高いシェアを持つ。日本製EVにミネベア製のレゾルバが載るのは、トヨタ車体の超小型EV「コムス」に続いて2例目。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

「日経Automotive NEWS」は毎週水曜日配信の無料メールサービスです


「ぶつからないクルマ実車試験」結果についてのニュースリリースはこちらです

エディターズ・ノート

  • インドの違法ソフト問題が自動車産業に影響 (02/25)

     インド企業におけるソフトウエアの違法コピー率は63%――。  これはソフトウエアの業界団体であるBSA(The Software Alliance)による2011年の調査結果ですが、インドの違法コピー率は極めて高い水準です。ちなみに日本は23%。実はこのインドにおけるソフトウエアの違法コピー問題が、日本の自動車産業にも影響を及ぼしそうなのです。

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、
「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

購読のご案内

毎月11日発行(年12冊)
(※2015年2月号より誌名を「日経Automotive」と変更し月刊化)

年間購読料(税込み)
  • 1年(12冊) 22,000円
  • 3年(36冊) 44,000円
  • 一部売価格(税込み) 2,470円
日経Automotive 定期購読キャンペーン 3大特典をプレゼント!