半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【ET 2012】Cortex-A15を搭載し、TIの産業用プロセサ「KeyStone DSP」が「KeyStone SoC」に進化

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/11/19 17:09
印刷用ページ

 米Texas Instruments社は、産業用プロセサLSI「KeyStone」のアーキテクチャを第2世代に更改し(KeyStone II)、同アーキテクチャを採る6製品を2012年11月13日(米国時間)に発表した(日本語版ニュース・リリース)。第1世代(KeyStone I)はプロセサ・コアとしてTIのDSPコア(C66X)を集積していたが、KeyStone IIでは英ARM社の「Cortex-A15」を集積するようになった(6製品のうち4製品はC66Xコアも混載)。

図1●ET 2012の日本TIのブースにおける今回の製品を紹介したコーナー
Tech-On!が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●Mukesh Kumar氏
Tech-On!が撮影。スクリーンはTIのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセサ・コアの主役が替わり、KeyStone Iでは「KeyStone DSP」(Tech-On!関連記事)と呼んでいたがKeyStone IIでは「KeyStone SoC」になった。日本法人の日本テキサス・インスツルメンツは、「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展」(2012年11月14日~16日にパシフィコ横浜で開催)の同社ブースでKeyStone SoCを紹介していた(図1)。KeyStone SoCのプロモーションのために来日したTIのMukesh Kumar氏(Director of Worldwide Marketing, Multicore Growth Markets, Multicore Processors Business Units)によれば(図2)、KeyStone IとKeyStone IIには複数の違いがある。

 第1は、上述したようにCortex-A15を搭載したことである。第2は、KeyStone IIではMulticore Shared Memory Controllerを強化したことである。プロセサ・コアの外部メモリ・アクセスを制御するこの回路ブロックは、チップ上の全プロセサ・コアが共通で使う。この回路ブロックには、全プロセサ・コアがアクセスする共有メモリを6Mバイトまたは2Mバイト備えている。KeyStone Iに比べて共有メモリの容量が上がり、さらにDSPコアとRISCプロセサ・コアで共用化された。

 第3は、KeyStone Iにはなかった10Gビット/秒のEthernetインタフェースやUSB3.0インタフェースをKeyStone IIは備えたこと。第4は、KeyStone IIではパケット処理の専用回路が強化されたことである。第5は、KeyStone IIでは動作周波数が向上したことである。KeyStone Iは40nmプロセスで製造し、最大動作周波数は1.25GHzだった。一方、KeyStone IIは28nmプロセスで製造し、最大1.4GHzで動作する。

 そして第6に、KeyStone Iの特徴だった「Multicore Navigator」がKeyStone IIで強化された。Multicore Navigatorはプロセサ・コア間を高速でパケット通信する機能を提供するが、KeyStone IのDSPコア間通信に加えて、KeyStone IIではDSPコア-ARMコア間の通信も可能になった。「第2の違いとして挙げたMulticore Shared Memory Controllerの共有メモリを介するコア間通信に加えて、Multicore Navigatorを使う直接通信も可能である」(Kumar氏)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング