家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【ET 2012】京都マイコン、ブラザー工業の最新プリンターの開発で仮想ハードウエア開発キット「HARVEST」が使われた事例を展示

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2012/11/16 18:10
印刷用ページ
ブラザー工業のプリンター開発事例の展示
ブラザー工業のプリンター開発事例の展示
[クリックすると拡大した画像が開きます]
実機のユーザー・インタフェース
実機のユーザー・インタフェース
[クリックすると拡大した画像が開きます]
パソコン上で実機と同じユーザー・インタフェースを実現できる。仮想ハードウエア上で動いているのは、実機と同じバイナリ・コード
パソコン上で実機と同じユーザー・インタフェースを実現できる。仮想ハードウエア上で動いているのは、実機と同じバイナリ・コード
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 京都マイクロコンピュータは、パシフィコ横浜で開催された展示会「Embedded Technology 2012」で、同社の仮想ハードウエア開発キット「HARVEST」が、ブラザー工業の最新インクジェット・プリンター「MFC-J4510N」の開発で使われた事例を、実機とともに展示した。

 MFC-J4510Nは、タッチ・パネルで操作できるカラー表示画面を備えている。ブラザー工業は、HARVESTを利用することで、このカラー表示画面をシミュレートできる仮想ハードウエアを作成した。この仮想ハードウエアは、Windows上でアプリケーション・ソフトウエアとして動作する。仮想ハードウエア上では、プリンターの実機に搭載するバイナリ・コードをそのまま動作させることができる。パソコン上に実機と同様の環境を実現することで、ユーザー・インタフェースのプログラムの開発に役立てた。

 HARVESTは、オープンソースのプロセサ・エミュレータである「QEMU」を利用する。京都マイクロコンピュータでは、QEMUをWindowsで使えるライブラリ(DLL)の形にした。HARVESTを利用する開発者は、米Microsoft社が提供するソフトウエア開発環境「Visual Studio」で、QEMU向けにターゲット製品の仮想ハードウエアのプログラムを記述する。このプログラムをビルドし、QEMUライブラリとリンクさせることで、仮想ハードウエアが完成する。HARVESTには、仮想ハードウエア上で動作するプログラムのネーティブ・コードをデバッグできるデバッガも付属している。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング