• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 日立、POWER7+プロセッサーを搭載した科学技術計算用コンピュータの新製品を発売

日立、POWER7+プロセッサーを搭載した科学技術計算用コンピュータの新製品を発売

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/11/14 16:37
  • 1/1ページ
 日立製作所は、衝突解析や流体解析などの科学技術計算分野向けのコンピュータ「SR16000」シリーズの新製品として、CPUに米IBM社の「POWER7+プロセッサー」を搭載した「SR16000 モデルXN1」を発売する。POWER7+の採用に加えて、80Mバイトの大容量オンチップL3キャッシュメモリーを搭載したことで、消費電力あたりの演算性能は727MFLOPS/Wと、従来機「同モデルXM1」の1.7倍に高まった。
【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ