• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 日立、POWER7+プロセッサーを搭載した科学技術計算用コンピュータの新製品を発売

日立、POWER7+プロセッサーを搭載した科学技術計算用コンピュータの新製品を発売

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/11/14 16:37
  • 1/1ページ
 日立製作所は、衝突解析や流体解析などの科学技術計算分野向けのコンピュータ「SR16000」シリーズの新製品として、CPUに米IBM社の「POWER7+プロセッサー」を搭載した「SR16000 モデルXN1」を発売する。POWER7+の採用に加えて、80Mバイトの大容量オンチップL3キャッシュメモリーを搭載したことで、消費電力あたりの演算性能は727MFLOPS/Wと、従来機「同モデルXM1」の1.7倍に高まった。
【技術者塾】(6/15,7/7開催)
トヨタの課題解決の基本「QCストーリー」の実践


PDCAをきちんと回して仕事をうまく進める方法の基本である「QCストーリー」について、具体的な実施手順と要点を学習します。QCストーリーは、トヨタ自動車およびトヨタグループをはじめ、多くの企業で活用されている手法です。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月15日 / 2016年7月7日
会場 : Learning Square新橋 / リファレンス大博多貸会議室
主催 : 日経ものづくり

おすすめ