• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > 日立金属と日立電線が経営統合へ、存続会社は日立金属

日立金属と日立電線が経営統合へ、存続会社は日立金属

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/11/13 19:39
  • 1/1ページ

 日立金属と日立電線は2012年11月13日、2013年4月1日付けで合併をめざすことで、基本合意したと発表した。日立金属が日立電線を吸収する形で合併する。エレクトロニクスや自動車、産業インフラなどの各分野で両社の相乗効果のある製品提供や、生産・販売・営業拠点を効率的に運用することで、持続的に発展することが狙いという。

 今回の提携に至った背景を、日立電線の執行役社長の高橋秀明氏は「日本市場では持続的な成長が見込めないため」と説明した。同社は電力用、産業用、情報通信用などの電線を主力事業とするが、いずれも「国内市場が縮小している」(同)。持続的な成長のためにはグローバル化が必須となるため、「その方向が一致していた日立金属と合併することにした」という。両社の国内リソースを効率的に活用し、余剰分を海外の活動に向ける。

 両社の製品を合わせることで、顧客に対して関連商品を一体で販売したり、付加価値を付けた製品を提供できたりする可能性があるという。例えば、自動車向けでは日立金属が得意とする自動車向けスイッチと、日立電線が得意とする自動車の電装品の組み合わせ、医療向けでは日立金属のCTスキャン向けの磁性体などの素材と、日立電線のケーブルの組み合わせなどが考えられる。

 なお、今後の売上目標や国内拠点の統廃合などについては「これから棚卸しを行い、判断していく」(日立金属 執行役社長 藤井博行氏)とし、明確な数字や規模は示さなかった。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓