アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

車載向け電池監視チップセットを東芝が発売、16セルの監視に対応

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/11/08 18:39
印刷用ページ
 東芝は、ハイブリッド車や電気自動車などに向けた電池監視チップセットを開発し、2013年2月にサンプル出荷を開始すると発表した。量産は2014年4月に開始する予定だ。Liイオン2次電池のエネルギ残量や異常状態の検出のほか、各セル間のエネルギ残量の均等化(セル・バランス)を実行できる。2チップ構成で、電池監視IC「TB9141FG」とマイコン「TMPM358FDTFG」からなる。一つの電池監視ICで対応できるLiイオン2次電池のセル数は最大16個である。同社によると「業界最大」だという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング