機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

【JIMTOF2012】光機械製作所、完全無人加工が可能な遊星式平面研削盤

吉田 勝=日経ものづくり
2012/11/05 17:22
印刷用ページ
 光機械製作所(本社三重県津市)は、遊星式両頭平面研削盤の新製品「HDDP-350」を「第26回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日、東京ビックサイト)に出品した。工具の厚さを均一にするなどの用途に向ける。画像処理装置やNC装置による遊星部の制御、搬送ロボットなどにより、ワークの認識から搬送、位置決め、研削、ストックまでを自動で処理できる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング