• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 【JIMTOF2012】三菱重工業、大物ワークを高精度に削る門型MCを開発

【JIMTOF2012】三菱重工業、大物ワークを高精度に削る門型MCを開発

  • 近岡 裕=日経ものづくり
  • 2012/11/01 18:13
  • 1/1ページ
 三菱重工業は、大型のワークを高精度に切削できる3軸制御の門型マシニングセンタ(MC)「LH250」を開発、「第26回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2012)」(2012年11月1~6日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。大きさが奥行き1000×長さ(幅)2500mmで、質量が3tまでのワークを、小型MC並みの高精度で加工できる。

おすすめ