• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 尖閣諸島問題が中国LED産業に及ぼす影響を考察する ~第1回~

尖閣諸島問題が中国LED産業に及ぼす影響を考察する ~第1回~

  • 石田のり子=グラナージュ代表、コンサルタント
  • 2012/10/26 10:00
  • 1/1ページ
 日本企業にとって、中国が魅力のある巨大市場であることは確かだ。LED産業について言えば、今後はLED照明の本格的な普及に期待ができる。筆者はこれまで、中国のLED照明市場の拡大に期待する旨の記事を本サイトに執筆してきた。だが今回は中国で大規模な反日デモが起こり、反日運動の長期化が懸念される事態となっている。各所で報道があったように、さる9月18日には一部の日本企業が反日運動により大きな被害を受けた。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓