技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

時速60kmの自動車がマンホール内のセンサから情報収集、設備の維持管理コスト低減のためNTTが研究中

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/10/24 07:56
印刷用ページ
マンホールに向かって測定器を積んだ自動車が走ってきているところ
マンホールに向かって測定器を積んだ自動車が走ってきているところ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
マンホール内の様子
マンホール内の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
センサ・モジュール本体のフタを開けたところ
センサ・モジュール本体のフタを開けたところ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
測定データを表示しているところ
測定データを表示しているところ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
システム概要その1
システム概要その1
[クリックすると拡大した画像が開きます]
システム概要その2
システム概要その2
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTは、同社のアクセス系技術の講演会・展示会「つくばフォーラム 2012」(2012年10月18、19日、つくば市)において、道路上を走る自動車からマンホール内センサと通信する研究中のシステムを展示した。マンホールに与えられた振動やマンホール内の温度・湿度などを収集することで、マンホールの劣化の度合いを推定することを狙う。

 展示したシステムのセンサ・モジュールはマンホール内に埋め込まれており、無線機と無線機のスイッチとなるRFIDを持つ。一方、自動車には底面にRFID用のアンテナ、受信機などを搭載する。

 自動車のRFID用のアンテナからは常に125kHzの電波が発せられている。これをマンホール内の受信機が受けると、送信機が起動し、センサ・モジュールに蓄積したデータを送る。展示ではマンホールのフタをハンマーでたたき、そのたたかれた回数をデータとして送っていた。

 無線機に使う周波数は426MHz、通信速度は2400ビット/秒である。これを自動車の受信アンテナで受け、位置や時間とともに記録する。マンホールに埋め込むセンサ・モジュールはボタン電池1個で5年動作することを目標にしている。

 実用化時期は未定。「システムとしてはほぼ出来上がっているものの、信頼性の向上や劣化を推定するのに必要な情報の見極めなどが今後必要になる」(説明員)という。

好評につき第2期開講決定!【2015年5月22日開催・技術者塾】
ものづくりイノベーター養成講座 (全5回)
経営視点から"ものづくり"をリードする着眼力と実行力を磨く


21世紀には“ものづくり”とビジネスモデルを同時に考えることのできる“ものづくりイノベーター”が求められています。
本講座では、経営者を支えて新製品・事業の開発で貢献できる人材を育成します。森岡謙仁氏とゲスト講師による講義に加え、ワークショップによって実務ノウハウを習得できます。 詳細は、こちら

日時:2015年
   5月22日(金)、6月12日(金)、7月8日(水)、
   8月5日(水)、9月16日(水)
   各日10:00~17:00(開場9:30)予定
会場:日経BP社 4F(東京・白金高輪)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング