設計力向上 開発手法と支援ツールの動向・事例
 

米Siemens PLM、プリ/ポスト「Femap」次期版でメモリー使用量を大幅削減、解析データ増大に対応

木崎 健太郎=日経ものづくり
2012/10/22 19:10
印刷用ページ
 米Siemens PLM Software社は、同社のプリ/ポスト・プロセッサ「Femap」のバージョン11(次期バージョン)において、動作時の主メモリー使用量の大幅削減と、グラフィックス描画表示時間の大幅短縮を図ることを明らかにした。多くのユーザーでシミュレーションの規模拡大や精密化が進行し、データ量が増えていることに対応する。Femapバージョン11は2013年初めに出荷する予定。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
製造業IT:日経テクノロジーオンライン × ITpro Active

お薦めトピック

記事ランキング