• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 米Siemens PLM、プリ/ポスト「Femap」次期版でメモリー使用量を大幅削減、解析データ増大に対応

米Siemens PLM、プリ/ポスト「Femap」次期版でメモリー使用量を大幅削減、解析データ増大に対応

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/10/22 19:10
  • 1/1ページ
 米Siemens PLM Software社は、同社のプリ/ポスト・プロセッサ「Femap」のバージョン11(次期バージョン)において、動作時の主メモリー使用量の大幅削減と、グラフィックス描画表示時間の大幅短縮を図ることを明らかにした。多くのユーザーでシミュレーションの規模拡大や精密化が進行し、データ量が増えていることに対応する。Femapバージョン11は2013年初めに出荷する予定。
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ