• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > IR、コレクタ・エミッタ間飽和電圧が1.7Vと低い600V耐圧のIGBTを発売

IR、コレクタ・エミッタ間飽和電圧が1.7Vと低い600V耐圧のIGBTを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/15 15:25
  • 1/1ページ
 米International Rectifier社は、コレクタ・エミッタ間飽和電圧(VCE(ON))が1.7V(標準値)と小さい+600V耐圧のIGBT(insulated gate bipolar transistor)を発売した。パッケージの違いで2製品を用意した。一つは、DRAKに封止した「IRGR4045DPBF」。もう一つは、D2PAKに封止した「IRGS4045PBF」である。いずれも薄型ウエハーを使ったフィールド・ストップ・トレンチ技術で製造した。同社によると、「従来品に比べると、スイッチング損失と導通損失の両方を削減できる。このため、電力密度の向上や、高周波動作での変換効率向上が実現できる」としている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓