• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、PoEの受電機器用管理回路とDC-DCコンバータ制御回路を集積した電源ICを発売

TI、PoEの受電機器用管理回路とDC-DCコンバータ制御回路を集積した電源ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/09 23:05
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、PoE(Power over Ethernet)の受電機器(PD:powered device)用管理回路とDC-DCコンバータ制御回路を集積した電源IC「TPS23751/TPS23752」を発売した。この二つの回路を組み合わせることで、広い負荷範囲にわたって高い変換効率が得られるとする。特に、軽負荷時の改善効果が大きい。同社によると、「競合他社品に比べて、軽負荷時の変換効率を20%高められる」という。IP電話機や監視カメラ、無線アクセス・ポイント装置などに向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ