• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

日立製作所、光超音波イメージング向けに感度の高い造影剤を開発---生体深部の腫瘍を計測可能に

2012/10/09 18:26
高野 敦=日経ものづくり
 日立製作所は、光超音波イメージングに使う造影剤の基本技術を開発した。光超音波イメージングは物質に光を照射した際に生じる超音波を計測する手法で、生体の画像診断向け技術として開発が進められている。新開発の造影剤を用いることで、生体深部の腫瘍を高分解能で計測できるようになり、がんの早期発見や治療が可能になるという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【新刊】日経デジタルヘルス別冊

『医療ビッグデータ2016』
CD-ROMも同時発売


医療ビッグデータの“入口”から“出口”まで、という視点でこの1年の動きを1冊に。日経デジタルヘルスによる取材情報を中心に「全体動向」「実臨床・サービス」「データヘルス」「ウエアラブル」「データ解析」「プライバシー」の章に分類。2015年3月に開催した「医療ビッグデータ・サミット2015」の様子も最終章に掲載。詳細はこちら

2015年12月9日発行
A4変型判 196ページ
編集:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング

新着記事