EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「命名の妙で、検証環境の使い分けを円滑に」、Verify 2012開催

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/10/09 17:30
印刷用ページ

 LSIの設計検証をテーマにしたセミナー「Verify 2012」が2012年9月28日に新横浜で開催された。EDAツールの最新情報やユーザー事例など、合計で10の講演があった。聴講できた3件のユーザー事例の講演を紹介する。

図1●Verify 2012会場風景
左下はリコーの難波 睦氏、中央下はルネサス エレクトロニクスの中野 哲氏、右下は富士通マイクロソリューションズから講師として登壇したのは、鈴木 晃一氏。Tech-On!が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●リコーの仮想プラットフォーム環境の現在、明日、将来
同社のスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 3件は、リコーによる「仮想プラットフォーム」に関する講演、ルネサス エレクトロニクスによる「形式検証ツールを使ったMCU検証」に関する講演、富士通マイクロソリューションズによる「SystemVerilogを活用した検証」に関する講演である(図1)。このほかに、富士通九州ネットワークテクノロジーズによる「UVMと論理エミュレータを活用した検証」に関する講演、中央大学 教授の竹内健氏による基調講演と、EDAベンダー側の4講演があった。

OSブートの先を狙う

 リコーから講師として登壇したのは、難波 睦氏(コントローラ開発本部 CH開発センター EPF開発室 開発1グループ スペシャリスト)である。同氏は、同社における仮想プラットフォーム(同社では「実機レス環境」と呼んでいる)の歴史や現状、課題などを紹介した。2000年ごろからOA機器やそれ向けのLSIの開発に仮想プラットフォームを利用してきた。その間、複数のEDAベンダーの製品を仮想プラットフォームの開発や運用に適用してきたが、現在は、米Synopsys社の「Virtualizer」を主に使っている。

 このVirtualizerを使う仮想プラットフォームでは、OSのブートのチェックやデバイス・ドライバの開発などに適用している。次は、OSのブートの先、すなわち例えばコピー機ならば、「υコピーできます」が表示されるまで、仮想プラットフォームで検証したいという(図2)。その際の課題は、モデル開発工数の増大である。OSブートまでならば、コントローラの一部だけをモデル化すれば良いが、「υコピーできます」までとなると、コントローラはほぼ全部、機構の駆動部(同社は「エンジン」と呼ぶ)や周辺デバイスの一部をモデル化する必要があるからだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング