アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Analog Devices、傾斜センサーに使える3軸MEMS加速度センサーICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/10/05 18:47
印刷用ページ
 米Analog Devices社は、傾斜センサーに使える3軸MEMS加速度センサーIC「ADXL350」を発売した。特徴は、全動作温度範囲(-40~+85℃)にわたるオフセット温度特性の最小値/最大値を規定したことだ。X軸とY軸のオフセット温度特性の最小値/最大値は±0.31mg/℃、Z軸は±0.49mg/℃である(gは重力加速度)。同社によると、「既存のMEMS加速度センサーICの多くは、オフセット温度特性の標準値しか規定しておらず、高精度な加速度測定が求められる傾斜センサーなどの用途では、オフセット温度特性のキャリブレーション(校正)が不可欠だった」という。発売したICを使えば、キャリブレーションを実行しなくても、高い精度で加速度を測定できる。環境監視装置などの産業用電子機器や、医療用電子機器、民生用電子機器などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング