• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【CEATEC 2012】パナソニックが超小型プロジェクター、「世界最小」の緑色レーザを搭載

【CEATEC 2012】パナソニックが超小型プロジェクター、「世界最小」の緑色レーザを搭載

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/04 17:25
  • 1/1ページ
図1 DMD駆動の開発品(右手前)MEMSミラー駆動の開発品(左奥)
図1 DMD駆動の開発品(右手前)MEMSミラー駆動の開発品(左奥)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 DMD駆動のプロジェクター・モジュールの中身
図2 DMD駆動のプロジェクター・モジュールの中身
[画像のクリックで拡大表示]
図3 自社開発の緑色レーザを採用
図3 自社開発の緑色レーザを採用
[画像のクリックで拡大表示]
図4 順次走査するMEMSミラーを用いたプロジェクター・モジュール
図4 順次走査するMEMSミラーを用いたプロジェクター・モジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニック プレシジョンデバイスは、レーザを光源に用いた超小型プロジェクターを開発し、「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2~6日、幕張メッセで開催)の「パナソニックデバイス」ブース(ホール8)で披露した。

 開発品は、画素数が854×480で、明るさが100lmである。厚さが7.5mmと薄いのが特徴。表示素子には、米Texas Instruments(TI社)が手掛ける各画素にMEMSを割り当てたDMD「DLP Pico」を、光源には赤(R)、緑(G)、青(B)3色のレーザを用いた。

 この中で、Gのレーザはパナソニック プレシジョンデバイスが自社で開発したもの(Tech-On!の関連記事)。赤外レーザ光をSHG結晶で波長変換するものであり、出力は1Wである。外形寸法が8.5mm×22.0mm×11.5mm(体積は2.15cc)と、「出力1W品で世界最小を実現した」(同社)とする。

 同社では、プロジェクター・モジュールだけでなくGレーザ単体で、ユーザーに提供していく考えだ。「2013年度には量産を開始したい」(同社)とする。

MEMSミラー品も出展

 パナソニック プレシジョンデバイスは、MEMSミラーを順次走査して映像を表示する超小型プロジェクターを併せて出展した。モジュールの体積が3.8ccと小さいのが特徴である。画素数は「1024×768までは対応可能」(同社)とする。明るさは20lm程度とする。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓