• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 【CEATEC 2012】村田製作所、モーション検出機能を搭載した環境光/近接センサーICを開発

【CEATEC 2012】村田製作所、モーション検出機能を搭載した環境光/近接センサーICを開発

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/03 17:24
  • 1/1ページ
 村田製作所は、モーション検出機能を搭載した環境光/近接センサーICを開発し、現在開催中の「CEATEC JAPAN 2012」に出展した。環境光/近接センサーICは、スマートフォンやタブレット端末、携帯型メディア・プレーヤなどの液晶パネル用バックライト制御に向けたもので、周囲環境の明るさによってバックライトの輝度を調整したり、人間が近づいたことを検出してバックライトを起動させたりする制御を可能にする。今回同社は、このICにモーション検出機能を付加した。この結果、「手が濡れている場合や、手袋をはめている場合でも、操作できるようになる」(説明員)という。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓