• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Maxim、THD+Nが0.013%と小さいデジタル入力のD級スピーカ・アンプICを発売

Maxim、THD+Nが0.013%と小さいデジタル入力のD級スピーカ・アンプICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/09/27 21:18
  • 1/1ページ
 米Maxim Integrated社は、全高調波歪み+雑音(THD+N)が0.013%(1kHzにおける標準値)と小さいデジタル入力のD級スピーカ・アンプICを発売した。ダイナミック・レンジは99dB(標準値)と広い。同社は、「AB級アンプのオーディオ特性をD級アンプで実現した」としている。PCM(パルス符号変調)信号入力に対応した「MAX98355A」と、PDM(パルス密度変調)信号入力に対応した「MAX95356」の2製品を用意した。携帯電話機やスマートフォン、タブレット端末、携帯型メディア・プレーヤ、ノート・パソコンなどに向ける。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓