次世代工場 工場の将来像が見える
 

島津製作所、ファイバーレーザによる微細加工に適した光源を開発

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2012/09/25 14:25
印刷用ページ
 島津製作所は、ファイバーレーザによる微細加工に適した光源(外部共振器型短パルス半導体レーザ)「BEAM IMPACTシリーズ」を開発し、2012年9月25日に発売する。加工対象に与える熱的な影響が小さい短パルス(パルス幅1.5ns)の種光を発生できる上、加工対象への吸収率が高く広範な材料への適用が可能な短波長の種光を出せる。微小スポットへの集光も可能としていることから、微細加工に適しているという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング