• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「LSIのテスト開発TATが1/3に短縮」、東芝におけるテスト・データ標準言語「STIL」の適用効果

「LSIのテスト開発TATが1/3に短縮」、東芝におけるテスト・データ標準言語「STIL」の適用効果

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/09/24 20:37
  • 1/1ページ
東芝マイクロエレクトロニクスは、LSIテスト関連データ記述言語「STIL:Standard Test Interface Langugae」に関して、「ATEテクノロジーフォーラム」(2012年9月19日にATEサービスが東京で開催)で講演した。テスト・パターンに関する仕様が1999年にIEEE Std. 1450.0として標準化されて以来、現在もSTILは拡張・標準化が続いている。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓