• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 無線LAN対応のクラウド・ゲーム端末をGクラスタ・グローバルが開発

無線LAN対応のクラウド・ゲーム端末をGクラスタ・グローバルが開発

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/24 17:47
  • 1/1ページ
ブースではG-clusterを使いゲームを楽しめる
ブースではG-clusterを使いゲームを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
ブースではG-clusterを使いゲームを楽しめる
ブースではG-clusterを使いゲームを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 Gクラスタ・グローバルは、クラウド型ゲーム配信サービスに向けた小型端末「G-cluster」を「東京ゲームショウ2012」(2012年9月20~23日開催)に出展した。このサービスでは、サーバーでゲームの演算処理を行い、その結果を映像としてディスプレイなどの機器に伝送するもの。高速な通信環境があれば、高性能なゲーム機がなくても、ゲーム機並みの品質が高いゲームをプレーできるのが特徴だ。現時点では価格を公開してしないものの、「据え置き型ゲーム機よりもずっと安価になる」(説明員)という。国内で2013年春に発売することを目標にする。

 G-clusterは無線LAN機能を搭載しており、無線LANのアクセス・ポイント(AP)と接続し、APを通じてインターネット上のサーバーと通信する。サーバーから取得した映像は、HDMIを通じてディスプレイに表示する。G-clusterへの給電は、USBで行う。これとは別にコントローラを接続するためのUSB端子も備えている。ただし、コントローラをUSB接続する場合は、ACアダプターで給電して利用する。

 専用アプリをダウンロードすることで、スマートフォンやタブレット端末をコントローラとして利用できる。その際、操作データをG-clusterに直接送信するのではなく、APを通じてサーバーからG-clusterに送る。

 スマートフォンやタブレット端末の画面と、テレビ画面の2画面を使ったゲームも遊べる。複数人の同時プレーの他、プレーヤー同士の対戦をスマートフォンを通じて閲覧できる。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓