家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【IFA 2012】中国Ecovacsが室内監視ロボットを出展、自動窓ふきロボットも

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/09/07 02:02
印刷用ページ
「Famibot」という開発品を出展した
「Famibot」という開発品を出展した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
自動的に充電台に載る機能を備えているという
自動的に充電台に載る機能を備えているという
[クリックすると拡大した画像が開きます]
窓ふきが可能な「Winbot」の動作を実演した
窓ふきが可能な「Winbot」の動作を実演した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
13kgまでの荷重に耐えられると、Ecovacs社のカタログには記載されている
13kgまでの荷重に耐えられると、Ecovacs社のカタログには記載されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 中国の自動掃除ロボット・メーカーであるEcovacs社は、室内を自動で監視できる自走ロボット「Famibot」を開発、IFA 2012に出展した。「Home service robot」と銘打ち、家人が不在の際に宅内を監視し、火災の煙の早期検出/報知や、つけっぱなしにした家電機器の電源をオフにするなどの用途を想定する。2013年以降の発売を計画しているという。

 Ecovacs社は、床の自動掃除ロボットを手掛けており、米iRobot社の「Roomba」に似たデザインの製品を開発済みである。今回IFAに出展したFamibotは、同様に自走式のロボットであり、内蔵するカメラで室内の様子を撮影できるという。無線LANの通信機能を使い、家庭の無線LANのアクセス・ポイントと接続することで、外出先のスマートフォンなどから、Famibotが搭載するカメラの画像を確認できるとしている。Ecovacs社によれば、ほかに搭載している機能は、煙探知や空気清浄機能、宅内の家電機器の電源を無線でオン/オフする機能などという。Ecovacs社は、同社の自動掃除ロボットにNi水素2次電池を活用しており、Famibotも同様の電池を搭載しているとみられる。

 Ecovacs社はこのほか、自動的に窓ふきを行うロボット「Winbot」を出展した。内蔵する真空ポンプで窓ガラスに密着しながら垂直方向に上昇でき、自動的に算出したルートに基づいて窓ガラスを清掃できるという。会場に設けた窓ガラスを、実際に清掃する様子を実演しており、多数の参加者からの関心を集めていた。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング