• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 日立、生産コスト低減に寄与する3次元樹脂含浸成形シミュレーション技術を開発

日立、生産コスト低減に寄与する3次元樹脂含浸成形シミュレーション技術を開発

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/09/05 17:01
  • 1/1ページ
 日立製作所は、高強度軽量材料や絶縁構造物といった産業用材料の製造方式の一種である樹脂含浸成形プロセスを3次元でシミュレーションする技術を開発した。樹脂含浸成形は、炭素の繊維や粉砕した鉱物などを層にした基材の隙間に樹脂を流し込んで硬化させる方式。高い電気絶縁性や強度、軽量性が得られことから、同方式で成形した素材は、発電用コイルの絶縁構造物や、航空機/ロケットの胴体や自動車の車体部分に使用される高強度軽量材料(FRP)をはじめとして、幅広い分野で用いられている。

おすすめ