• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 「体力勝負に巻き込まれないためのコア技術を重視」、トレックスに技術戦略を聞いた

「体力勝負に巻き込まれないためのコア技術を重視」、トレックスに技術戦略を聞いた

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/08/20 10:00
  • 1/1ページ
 Texas Instruments社やAnalog Devices社、Linear Technology社、Maxim Integrated Products社…。アナログ半導体業界の“雄”には、米国メーカーが突出して多い。こうした老舗メーカーが長く覇権を握っているのがアナログ業界の特色ともいえる。そうした中、小型で高効率のDC-DCコンバータIC技術などを強みにこれらの大手に挑んでいる日本企業がある。ファブレス型のアナログ半導体メーカーであるトレックス・セミコンダクターだ。アナログ業界で生き残るために、同社はどのような戦略を採っているのか。同社 事業本部 第二ビジネスユニット ビジネスユニット長 技術理事を務める前川貴氏に聞いた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓