• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 「体力勝負に巻き込まれないためのコア技術を重視」、トレックスに技術戦略を聞いた

「体力勝負に巻き込まれないためのコア技術を重視」、トレックスに技術戦略を聞いた

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/08/20 10:00
  • 1/1ページ
 Texas Instruments社やAnalog Devices社、Linear Technology社、Maxim Integrated Products社…。アナログ半導体業界の“雄”には、米国メーカーが突出して多い。こうした老舗メーカーが長く覇権を握っているのがアナログ業界の特色ともいえる。そうした中、小型で高効率のDC-DCコンバータIC技術などを強みにこれらの大手に挑んでいる日本企業がある。ファブレス型のアナログ半導体メーカーであるトレックス・セミコンダクターだ。アナログ業界で生き残るために、同社はどのような戦略を採っているのか。同社 事業本部 第二ビジネスユニット ビジネスユニット長 技術理事を務める前川貴氏に聞いた。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ