• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【VLSI】逐次比較A-D変換器の高速化が進展、2.8GHz動作で消費電力44.6mW

【VLSI】逐次比較A-D変換器の高速化が進展、2.8GHz動作で消費電力44.6mW

  • VLSIシンポジウム委員
  • 2012/06/17 12:58
  • 1/1ページ
 「2012 Symposium on VLSI Circuits」のセッション11では、逐次比較A-D変換器の高速化と低電圧化の報告がなされた。逐次比較の高速化手法としては、インターリーブ手法と、一度に変換するビットを多ビット化することが考えられる。本セッション最初の米University of California, Berkeleyによる講演では、インターリーブ化の非常に興味深い最適化手法が提案された。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ