• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【SID】オンセル型タッチ・パネルの雑音対策の新手法、NLTテクノロジーが開発

【SID】オンセル型タッチ・パネルの雑音対策の新手法、NLTテクノロジーが開発

  • 田中 直樹=Tech-On!
  • 2012/06/08 21:03
  • 1/1ページ
 NLTテクノロジーは、オンセル型タッチ・パネルの雑音対策の新技術について、米国ボストンで開催中の「SID 2012」で発表した[論文番号:37.2]。同社は、カラー・フィルタ基板と偏光板の間の帯電防止用ITO膜をタッチ検出のための表面電極として利用する、独自のオンセル型タッチ・パネルを2010年のSIDで発表している。このときの画面サイズは3.5型だった。しかし、画面サイズを大型化すると液晶パネルからの雑音が顕著になり、タッチ・パネルの誤動作につながるという問題があった。これを解決するために、同社は今回の雑音対策技術を新たに開発した。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓