• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ > 【人とくるま展】オーストリアams社、ホール素子1個と磁石1個でシフトレバーの位置を検出する使い方を提案

【人とくるま展】オーストリアams社、ホール素子1個と磁石1個でシフトレバーの位置を検出する使い方を提案

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2012/05/24 20:17
  • 1/1ページ
 オーストリアams(austriamicrosystems)社は、ホール素子1個と磁石1個でシフトレバーの位置を検出する使い方を提案、「人とくるまのテクノロジー展2012」(2012年5月23~25日)に出展した。同社はカスタムASIC(Application Specific Integrated Circuit:特定用途向け集積回路)を主力にしており、その特徴の一つがチップに直接集積できるホールセンサである。3軸を検出するホール素子をチップ上に2個置き、そのチップをシフトレバーの下に置く。シフトレバーの下の先端に磁石を取り付け、その位置をホール素子で検出する。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓