家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

NTTドコモの新型Galaxy、Wi-Fi Displayに対応

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/05/16 18:24
印刷用ページ
Wi-Fi Displayを使い、端末から背面の大画面テレビにコンテンツを伝送している
Wi-Fi Displayを使い、端末から背面の大画面テレビにコンテンツを伝送している
[クリックすると拡大した画像が開きます]
テレビ側に接続する無線アダプタ。USBケーブル経由で給電し、コンテンツはHDMIで送る
テレビ側に接続する無線アダプタ。USBケーブル経由で給電し、コンテンツはHDMIで送る
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NTTドコモは、韓国Samsung Electronics社のGalaxyシリーズの最新機種「GALAXY S III」を、同社の2012年夏モデルとして発売する。名称は「SC-06D」。2012年6月~7月の発売開始を予定する。

 4.8型で720×1280画素の有機ELパネルを用いた端末で、重さは約139g。NTTドコモのLTE通信サービス「Xi」に対応するほか、ワンセグやおサイフケータイ機能も備えた。2100mAhのLiイオン2次電池を搭載し、連続待ち受け時間はLTE通信時が約300時間、3G通信時が約400時間である。

 内蔵する無線LANを用いて、テレビと無線接続し、スマートフォンで表示している動画コンテンツなどをテレビ画面に表示する「Wi-Fi Display」機能を備える。Wi-Fi Display対応テレビ、もしくはテレビ側に専用アダプタを接続すれば、スマートフォン側のコンテンツを表示できる。NTTドコモの発表会に併設された展示会場では、Samsung Electronics社が開発したテレビ用無線アダプタが参考出展されていた。ただし、現在のところ、テレビ用無線アダプタが国内で発売されるかどうかは未定という。

 GALAXY S IIIのグローバル・モデルでは、アプリケーション・プロセサにはSamsung Electronics社製のクアッドコア品を使っているが、今回の日本発売モデルでは米Qualcomm社のデュアルコア品(MSM8960、最大動作周波数は1.5GHz)を利用している。このほかグローバル・モデルと異なり、非接触充電機能には対応していない。NTTドコモは、WPC規格に準拠した非接触充電機能を「おくだけ充電」と銘打ち、対応機種を増やしている。なお、NTTドコモの説明員によれば、GALAXY S IIIのグローバル・モデルが対応している非接触充電機能は、WPC規格では無いという。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング