• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【M2M展】双葉電子、920MHz帯の無線モジュールを出展、1200mの伝送が可能

【M2M展】双葉電子、920MHz帯の無線モジュールを出展、1200mの伝送が可能

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/05/09 18:14
  • 1/1ページ
2種類の920MHz帯向けモジュールを出展
2種類の920MHz帯向けモジュールを出展
[画像のクリックで拡大表示]
20mW出力対応品は、基板上に設けたアンテナのほか、外部アンテナを利用できるように端子を設けている
20mW出力対応品は、基板上に設けたアンテナのほか、外部アンテナを利用できるように端子を設けている
[画像のクリックで拡大表示]

 双葉電子工業は、920MHz帯の特定小電力無線モジュールを開発、東京ビッグサイトで開催中の「第1回ワイヤレスM2M展」(2012年5月9日~11日)に出展した。同社は950MHz帯や2.4GHz帯を利用した同種のモジュールを提供しているが、920MHz対応品を出展したのは今回が初めて。

 920MHz帯は、総務省の周波数再編によって2012年7月25日以降に本格的に利用可能になる周波数帯域。従来950MHz帯を利用していたセンサ・ネットワーク関連の無線モジュールなどが、今後920MHz帯に変更されていく状況にある。920MHz帯はこのほか、帯域幅が拡張され、一部で高い送信出力も許容されるなど、大幅に拡充されたことから、新たな用途への適用が期待されている。

 双葉電子が出展したモジュールは、出力が最大1mWと最大20mWの二種類。1mW出力の場合は200m、20mW出力の場合は1200m程度の伝送距離が確保できるという。対応する変調方式はFSKで、帯域内で15チャネル、もしくは16チャネルを利用できる。今後、技術基準適合証明の取得なども進めていくという。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓