家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【ESECプレ】特小無線モジュール開発用FPGAボード、920MHz版をCMエンジニアリングが発売

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/05/05 23:51
印刷用ページ
今回の製品 CMエンジニアリングのデータ。
今回の製品 CMエンジニアリングのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 CMエンジニアリングは、920MHz帯の特定小電力無線モジュール開発用のFPGAボード「ワイヤレスマイコン開発キット(920MHz版)」を発売したと発表した(ニュース・リリース1)。同社は2011年9月に420MHz帯の特小無線モジュール開発向けに同様の製品を発売しており(当時のニュース・リリース2)、今回は第2弾の製品になる。

 周波数帯は異なるものの、製品の仕様は基本的に第1弾の420MHz帯向けと同じである。例えば、CPUは、FPGAに実装したプロセサ・コアになる。プロセサ・コアは8ビットの「8051」または32ビットの「Coretx-M1」が選べる。FPGAに加えて、ボードにはRF ICや電源回路が載る。FPGAの空き領域は、ユーザーが使える。例えば、通信機能の強化やアプリケーション・ソフトウェアのハードウェア化などを想定している。

 第1弾、今回の第2弾製品とも、無線製品開発の実現性の検討や、ソフトウェアの事前評価、デバグの容易化などに向ける。駆動後すぐに通信テストが可能という。従来は準備や手間のかかったテストやデバクなどの事前評価作業の短TAT化を実現し、開発期間の短縮に寄与するとしている。なお、製品の購入者には、FPGAのプログラミング用データ(RTLのHDLコード)やソフトウェアのソース・コード(アプリケーションのサンプル・プログラムも含む)が提供される。どちらも、ユーザーが自由にカスタマイズできる。

 「ワイヤレスマイコン開発キット」で開発・評価したシステムを製品に仕上げる際に、CMエンジニアリングは、小型モジュール化やIC化のサポート・サービスを提供可能である。今後、自社製RF ICを搭載した製品を開発予定だという。なお、同社は、今回の製品を2012年5月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第15回組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出品し、デモンストレーションを行う。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング