• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > ローム、携帯電話機の「角」で音を聴く技術を開発

ローム、携帯電話機の「角」で音を聴く技術を開発

  • 高橋 史忠=日経エレクトロニクス
  • 2012/04/24 13:00
  • 1/1ページ
ロームは、携帯電話機などデジタル機器の筐体の「角」を耳に当てることで音が聴こえるようにする技術を開発した。耳の軟骨を経由して聴覚系に音が届く「軟骨伝導」と呼ぶ現象を応用する。この技術を実現する電源回路やアンプ、音声処理回路などを1チップに集積したLSIを開発した。騒音環境などに強い新しい通話用のユーザー・インタフェースとして、まずは携帯電話機メーカーを中心に売り込む。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓