ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

シャープと鴻海の提携における両社の狙い

林 秀介=テクノ・システム・リサーチ
2012/03/30 12:00
印刷用ページ
 シャープは2012年3月27日、EMS(electronics manufacturing service)最大手の台湾Hon Hai Precision Industry社(鴻海精密工業、通称FOXCONN)との間で、(1)FOXCONNの董事長であるTerry Gou(郭台銘)氏によるシャープディスプレイプロダクト(SDP)への約46.5%の出資と、(2)FOXCONNグループに対する全株式の約9.9%に相当する第三者割当増資を行い、液晶パネルを中心に広範に事業提携を行う方針を発表した。FOXCONNはSDPで生産する液晶パネルや液晶モジュールを最終的に50%まで引き取ることを表明している。さらに、中小型サイズ領域を含めたパネル技術のやり取りや生産ラインに関する提携の拡大、太陽電池/発電など提携事業領域の拡大が可能性として挙げられる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング