半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

Atmel、「AVR MCU」に合計14の新製品を追加

大原雄介=フリーランス テクニカルライター
2012/03/22 17:00
印刷用ページ

 米Atmel Corp.は、同社の8ビットRISCコアを搭載したマイコン「AVR」ファミリーに新製品を追加したことを発表した(発表資料)。追加したのは、以下の4ファミリーで合計14製品となる。

「Atmel AVR XMEGA C」
8ビットのMCUながら最大384Kバイトのフラッシュメモリと32KバイトのSRAMを搭載する同ラインナップ向けに8製品が追加された。既に「ATxmega384C3」「ATxmega256C3」「ATxmega192C3」「ATxmega384D3」の4製品はサンプル出荷を開始しており、残る4製品については2012年第2四半期および第3四半期にサンプル出荷を開始予定であり、量産はその後開始される。

「Atmel tinyAVR ATtiny1634」
省パッケージと超低消費電力を特徴とするもので、最大16Kバイトのフラッシュメモリまでの製品がラインナップされているが、ここに1製品、「ATTiny1634-UUR」が追加された。こちらの出荷は今年第2四半期を予定している。

「Atmel AVR UC3 L3」
USBコントローラやI2S、ABDAC(Audio Bit-stream Digital to Analog Converter)を搭載した低消費電力MCUファミリーであるが、ここに3製品が加わった。これらは既にオーダー可能となっている。

「Atmel AVR UC3 D4」
省電力ながら機能の充実したエントリレベル向け32ビットMCUファミリーで、QTouchやフルスピードUSBをサポートするが、ここに2製品が追加された。こちらも既にオーダー可能となっている。

 これらすべてのAVR MCUは同社の「Atmel Studio 6 IDE」でサポートされる。このAtmel Studio 6では新たにARMのCortex-MベースMCUのサポートも追加されており、AVR UC3 L3/AVR UC3 D4ファミリーもこれを利用して開発が可能と同社は説明している。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング