家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】富士通セミコンがカメラ向け画像処理LSI「Milbeaut」の3D処理を実演

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/03/02 06:09
印刷用ページ
Milbeautによる3D映像処理を実演
Milbeautによる3D映像処理を実演
[クリックすると拡大した画像が開きます]
二つのカメラで得た信号を合成処理する仕組みを解説
二つのカメラで得た信号を合成処理する仕組みを解説
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Milbeaut採用端末の例
Milbeaut採用端末の例
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Milbeautのロードマップも示した
Milbeautのロードマップも示した
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 富士通セミコンダクターは、スマートフォンやデジタル・カメラに向けた画像処理LSI「Milbeaut」を使った3次元(3D)映像処理を、Mobile World Congress 2012の会場で披露した。

 Milbeautは、スマートフォンのアプリケーション・プロセサとカメラ・モジュールの間などに実装する画像処理LSIで、画像処理のほか顔検出などの機能もある。今回のMWCでは、3D映像処理の部分をアピールしている。会場では、Milbeautを実装した画像処理ボードに、二つのカメラ・モジュールで取得した映像を入力し、サイド・バイ・サイド方式の3D映像を作成し、ブースに設置した大画面液晶パネルに表示した。1080pで30フレーム/秒の3D映像をリアルタイムに処理できることを示した。

 同社のMilbeautは、国内メーカーのハイエンドの携帯電話機/スマートフォンを中心に採用されているという。「国内メーカーの製品で、800万画素以上のカメラを搭載する端末では、画像処理LSIとして80%近いシェアを確保している」(富士通セミコンダクターのブース担当者)。今後は海外の端末メーカーでも、カメラの画質を高めることへの関心が高まると想定しており、海外メーカーへの採用増を狙う。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング