家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】Nokiaが反撃開始、若者向けや写真にこだわった端末などを投入

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/02/28 17:04
印刷用ページ
Lumia 610
Lumia 610
[クリックすると拡大した画像が開きます]
808 PureView
808 PureView
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Asha 202
Asha 202
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Asha 302
Asha 302
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 フィンランドNokia社は2012年2月27日、新興国向けからハイエンドなものまで、幅広いラインナップの携帯電話機やスマートフォンを発表した。2012年2月27日~3月1日までスペイン・バルセロナ市で開催中の「Mobile World Congress 2012」で展示している。

 今回、発表したのは若者向けのWindows Phone「Nokia Lumia 610」、写真にこだわったSymbian搭載スマートフォン「Nokia 808 PureView」、および主に新興国を狙った従来型の携帯電話機「Asha 202/203/302」である。既に発表済みのハイエンド・スマートフォン「Lumia 900」に加えてラインナップを広げることで、スマートフォンで劣勢に立つ先進国と、従来強い基盤を持つ発展途上国の両方で攻勢をかける。

 Nokia Lumia 610は「Windows Phone 7.5」を搭載したスマートフォン。189ユーロという低価格を特徴とする。3.7型(800×480ピクセル)の液晶ディスプレイ、下り最大7.2Mビット/秒のHSDPAの移動通信機能などを持つ。2012年第2四半期に出荷を開始する。

 Nokia 808 PureViewは、41Mピクセルの撮像素子と、Carl Zeissのレンズを持つスマートフォン。38Mピクセルで画像を保存することが可能である。また、画像保存サイズを2/3M、5M、8Mピクセルで保存もできる。この場合、デジタル・ズーム際に画素を失うことなく撮影できる。

 Asha 202/203は、データ通信が発達していない地域を対象とした端末である。Webブラウジング時に不要なデータをネットワーク側で間引いく「cloud base browser」、Nokia Life toolsと呼ぶ健康や教育に関するSMSベースのサービスを提供するアプリなどをプリインストールしている。さらに、40タイトルの米Electric Arts社のゲームが無料でプレイできるサービスも提供する。Asha 202と203の主な違いは、202がデュアルSIMである点である。価格は60ユーロ程度で、2012年第2四半期に出荷を予定する。

Asha 302はQWERTYキーボードを備えた端末で、企業での利用を想定した製品である。米Microsoftのメッセージング・サーバー・ソフトウエアExchangeに接続する機能を持つ。1GHzのアプリケーション・プロセサを備え、HSDPAに対応し最大下り10.2Mビット/秒で通信できる。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能も搭載している。既に販売を開始しており、価格は95ユーロ程度である。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング