家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【MWC】Samsungがプロジェクター内蔵Galaxyを披露、明るさは15lmに向上

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/02/27 19:42
印刷用ページ
厚みは12.5mm
厚みは12.5mm
[クリックすると拡大した画像が開きます]
720pで30フレーム/秒の動画を投射して表示できる
720pで30フレーム/秒の動画を投射して表示できる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
DLP Picoの製品を示した。今回利用したのは一番小さな「nHD」解像度のものである
DLP Picoの製品を示した。今回利用したのは一番小さな「nHD」解像度のものである
[クリックすると拡大した画像が開きます]
開発に関わった、TI社 Manager, DLP Pico Projection, DLP ProductsのFrank J.Moizio氏
開発に関わった、TI社 Manager, DLP Pico Projection, DLP ProductsのFrank J.Moizio氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 韓国Samsung Electronics社は、「Mobile World Congress 2012」において、プロジェクター機能を内蔵したスマートフォンを披露した。名称は「Galaxy Beam」。米Texas Instruments Inc.(TI)のプロジェクター技術「DLP Pico」を採用し、LED光源によって最大15lmの明るさで動画や静止画、プレゼンテーション・ファイルなどの画面を投射できる。同社は以前にも同様のスマートフォン「BEAM」をMobile World Congress 2010に出展していたが、その際の明るさは9lmだった(Tech-On!の関連記事)。

 Samsung Electronics社のブース奥に、カーテンで仕切られた暗室を用意し、Galaxy Beamのプロジェクター機能を実演した。2000mAhのLiイオン2次電池を搭載しており、最大3時間程度プロジェクターとして機能できるという。厚みが12.5mmと、「プロジェクター内蔵スマートフォンとしては、非常に薄い」(ブースの担当者)とする。重さは145.3g。用いたDLP Picoの解像度は「nHD」(640×360)である。開発に関わったTI社の担当者は、「熱の発生を少なく抑えられたため、アクティブな放熱機構は不要となっている。これらも、厚みを薄くできたことに貢献した」(TI社 Manager, DLP Pico Projection, DLP ProductsのFrank J.Moizio氏)。

 最大動作周波数が1GHzのデュアルコア構成のアプリケーション・プロセサを搭載し、ソフトウエア・プラットフォームには米Google社の「Android 2.3 (Gingerbread)」を用いた。ディスプレイは4型液晶パネル(480×800)である。ブース説明員によれば、2012年前半にも特定地域で発売される予定としている。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング