• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 「5000万台以上の対応機器が出荷」、スマホ搭載を機に採用広げるMHL

「5000万台以上の対応機器が出荷」、スマホ搭載を機に採用広げるMHL

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/02/22 16:37
  • 1/1ページ
MHLのホームページから
MHLのホームページから
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯機器向けデジタル・インタフェース規格「MHL(mobile high-definition link)」の普及促進を進める業界団体「MHL Consortium」は、MHLを利用する製品の出荷数が、2011年に5000万台を超えたことを発表した(発表資料)。また、90社以上の企業が、MHLのライセンスを受けているという。

 MHLは米Silicon Image社が開発した携帯機器向けデジタル・インタフェース。1080pで30フレーム/秒のHD動画を非圧縮で伝送できる。HDMIと互換性があるほか、USBなど従来一般的なコネクタを流用できるという強みがある。

 MHLはここへきてテレビへの採用が進んでいるほか、韓国Samsung Electronics社の「Galaxyシリーズ」などスマートフォンへの採用も相次いでおり、テレビとスマートフォンを接続する新たな高速インタフェースとして注目を集めている。

 MHL Consortiumは、2012年2月27日からスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2012」で、対応機器などを多数展示する予定である。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ