• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 「5000万台以上の対応機器が出荷」、スマホ搭載を機に採用広げるMHL

「5000万台以上の対応機器が出荷」、スマホ搭載を機に採用広げるMHL

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/02/22 16:37
  • 1/1ページ
MHLのホームページから
MHLのホームページから
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯機器向けデジタル・インタフェース規格「MHL(mobile high-definition link)」の普及促進を進める業界団体「MHL Consortium」は、MHLを利用する製品の出荷数が、2011年に5000万台を超えたことを発表した(発表資料)。また、90社以上の企業が、MHLのライセンスを受けているという。

 MHLは米Silicon Image社が開発した携帯機器向けデジタル・インタフェース。1080pで30フレーム/秒のHD動画を非圧縮で伝送できる。HDMIと互換性があるほか、USBなど従来一般的なコネクタを流用できるという強みがある。

 MHLはここへきてテレビへの採用が進んでいるほか、韓国Samsung Electronics社の「Galaxyシリーズ」などスマートフォンへの採用も相次いでおり、テレビとスマートフォンを接続する新たな高速インタフェースとして注目を集めている。

 MHL Consortiumは、2012年2月27日からスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2012」で、対応機器などを多数展示する予定である。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ