アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Intersil、JESD204B準拠のシリアル出力を備える500Mspsの14ビットA-D変換器ICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2012/02/02 14:38
印刷用ページ
 米Intersil Corp.は、米JEDEC (Joint Electron Device Engineering Council)が定めるJESD204B仕様に準拠したシリアル出力を備える、最大サンプリング速度が500Mサンプル/秒の14ビットA-D変換器IC「ISLA214S50」を発売した。JESD204Bの最大データ伝送速度は4.375Gビット/秒。発売したICは、JESD204Bに対応したデジタル出力レーンを二つ備える。さらに、低価格FPGAで採用されている下位仕様のJESD204Aとの互換性を確保するために、三つめのデジタル出力レーンを用意している。これを使えば、3.125Gビット/秒のデータ伝送速度で信号を出力しながら、最大のサンプリング速度で動作させることが可能になる。データ収集装置や広帯域通信装置、医療用画像処理装置、マイクロ波通信装置などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング