• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Intersil、JESD204B準拠のシリアル出力を備える500Mspsの14ビットA-D変換器ICを発売

Intersil、JESD204B準拠のシリアル出力を備える500Mspsの14ビットA-D変換器ICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/02/02 14:38
  • 1/1ページ
 米Intersil Corp.は、米JEDEC (Joint Electron Device Engineering Council)が定めるJESD204B仕様に準拠したシリアル出力を備える、最大サンプリング速度が500Mサンプル/秒の14ビットA-D変換器IC「ISLA214S50」を発売した。JESD204Bの最大データ伝送速度は4.375Gビット/秒。発売したICは、JESD204Bに対応したデジタル出力レーンを二つ備える。さらに、低価格FPGAで採用されている下位仕様のJESD204Aとの互換性を確保するために、三つめのデジタル出力レーンを用意している。これを使えば、3.125Gビット/秒のデータ伝送速度で信号を出力しながら、最大のサンプリング速度で動作させることが可能になる。データ収集装置や広帯域通信装置、医療用画像処理装置、マイクロ波通信装置などに向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ