家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士CES報告14】米国でソニーのスピーカーが評判

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/01/17 12:52
印刷用ページ
ソニーの発表会で紹介された。壇上にも展示。筆者が撮影。
ソニーの発表会で紹介された。壇上にも展示。筆者が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 日本のオーディオ市場では、日本製スピーカーの元気がなく、「B&W」や「LINN」などの欧州製スピーカーが全盛である。しかし、米国市場ではソニーの高級スピーカーが近年、急に評価を上げている。それが、日本では6年前に発表された「AR-1」(日本での定価は約82万円、1本当たり)。米国では数年前に発売され、すでに有名なオーディオ雑誌でリファレンスのスピーカーの地位を確立している。日本製のスピーカーが世界で注目されるのは、1970年代のヤマハの「NS1000M」以来の快挙だ。

 AR-1は密度感が高く、落ち着いた音調を持つ、響きの美しいスピーカーだ。音の輪郭を強調せず、ナチュラルで生成りのシャープネスにする。その代わり、中身の密度を非常に濃くしている。粒状性が細かく、こってりと練り込まれた微細な音の粒たちが互いに凋密に絡まっている。

 今回、同じ音調の「AR-2」(日本での定価は約63万円)が、記者会見でデビューした。ソニーの会見で、大きなスクリーンで発表された。最近の“ネットもの”ばかりというソニーの発表会では、高級スピーカーがプレゼンテーションされることは大変珍しい。

 この新型もまた米国のオーディオ・マニア達を虜にするに違いない。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング